第62冊目:仕事は楽しいかね?

c0073516_12201764.jpg

【著者】デイル ドーテン
【翻訳】野津 智子
【出版】きこ書房
【出版年】2001年12月
【価格】¥1,365 (税込)
【ページ数】約240P

【本書を読む目的】
仕事に対するモチベーションを上げるため。

【感想その他全般】
「仕事は楽しいかね?」って言われると自分としては「ええ、楽しいッスよ!」と答えるだろう。収入や立場は別として自分は仕事を通して少しずつ自己実現していっていると思う。この本を書店で見たときは、「こういうタイトルで”ギクッ”とさせといて、買わせようとしているのでは?」等と考えていたが、内容は非常に哲学的であり、実践的であり、なにより一歩踏み出せないでいる人にとっては背中を押してくれる一冊になるのではないだろうか?実はこの本の続編も出ているようなので、今度読んでみたいと思う。
[PR]
by photreader-s | 2005-05-12 12:19
<< 第63冊目:さおだけ屋はなぜ潰... 第61冊目:生命(いのち)の暗... >>