第65冊目:コーチング・バイブル

c0073516_12251768.jpg

【著者】ローラ ウィットワース,フィル サンダール,ヘンリー キムジーハウス
【翻訳】 CTIジャパン
【出版】東洋経済新報社
【出版年】2002年9月
【価格】¥2,625(税込)
【ページ数】約310P

【本書を読む目的】
コーチングの復習のため。

【感想その他全般】
読んでみると今までのコーチングの本とは違い、最終章にクライアントとの契約書の雛形や事前調査用紙類がサンプルとして提示してある。つまりこのほんはプロのコーチを目指す人にも親切な内容に仕上がっている。今日は新宿の読書会で読んだが、珍しく人が少なく自分を入れて3名のみの読書会となった。最初は誰も来ていなかったので、「自分ひとりでどうやって読書会をするのだろう?」と思ったが、考えてみればその場合でも普通に一人で本を読めばいいだけだ。
[PR]
by photreader-s | 2005-05-16 12:24
<< ブログ・ビジネス(49冊目)の著者に 第64冊目:徹底!クレーム対応... >>