第74冊目:マッキンゼー プライシング

c0073516_1253887.jpg

【著者】山梨 広一,菅原 章
【翻訳】村井 章子
【出版】ダイヤモンド社
【出版年】2005年2月
【価格】¥2,100 (税込)
【ページ数】約210P

【本書を読む目的】
仕事上価格戦略が重要なので、マッキンゼー流のプライスマネジメントを学ぶ。

【感想その他全般】
具体的な手法についてもう少し詳しい方が良かったが、やはり単に安くしても商品のブランド力やその他企業としての価値には繋がっていかないとのこと。プライスといえばカプセルホテルの金額をもっと安くして欲しい。
[PR]
by photreader-s | 2005-06-08 12:53
<< 第75冊目:考える技術・書く技術 第73冊目:妙なる畑に立ちて >>